トップ > 水痘ワクチン

50歳以上の方は帯状疱疹を予防する目的で、水痘ワクチンを接種できます。

対象50歳以上の方

次の方は接種を受けられません

  • 明らかに発熱している方(37.5℃以上)
  • 重い急性疾患にかかっていることが明らかな方
  • このワクチンの成分によってアナフィラキシーを起こしたことがある方
    (薬やワクチンによってアレルギーを起こしたことがある方は医師にご相談ください)
  • 先天性及び後天性免疫不全状態の方
    例えば、急性及び慢性白血病、リンパ腫、骨髄やリンパ系に影響を与えるその他疾患、HIV感染またはAIDSによる免疫抑制状態、細胞性免疫不全などによる。
  • 副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤などの治療を受けており、明らかに免疫抑制状態の方
  • 妊娠していることが明らかな方
  • その他、医師に予防接種を受けない方が良いと言われた方

他のワクチンとの接種間隔

不活性化ワクチン(インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン等)の接種を受けた方は、6日以上の間隔をあけて本剤を接種します。生ワクチンの場合は、通常、27日以上の間隔をあけて本剤を接種します。
本剤を接種後に不活性ワクチン及び生ワクチンを接種する場合は、27日以上の間隔をあけてください。なお、医師の判断により同時接種も可能です。

接種後の注意点

  • 接種後30分後:アナフィラキシー発言の注意
    • 接種後30分間は病院にいるなどして様子を観察し、アレルギー反応(症状:じんましん、呼吸が苦しいなど)などがあれば医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
  • 接種当日〜その後:過ごし方の注意
    • 接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射部位をこすらないでください。
    • 接種部位を清潔に保ち、接種当日は激しい運動や大量の飲酒は避けてください。
    • 接種後2カ月間は妊娠しないように注意してください。
  • 接種後4週間:副反応出現の注意
    • 接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、すぐに医師に相談してください。

      副反応(例)

      1. 発疹
      2. だるい
      3. 高熱・けいれん
      4. 注射部位の腫れが引かない

当院でのワクチン接種について

ワクチンを接種すると、5年間は帯状疱疹にかかりにくくなり、もしかかったとしても軽症で済みます。
完全予約制になっておりますので、ご希望の方はスタッフまでお問い合わせください。

料金 8,000円(税抜)

 

TOP医師紹介医院案内一般皮膚科美容皮膚科トラブルQ&Aスタッフ募集